社長コラム:Think LOCAL, Link GLOBAL

55ce8bc0dc8ca75724051123346a70a5-e1533088364963
 今年に入り、フィリピン、ベトナム、タイへそれぞれ訪問してきました。日本の少子高齢化により、特に人材不足が顕著な分野に、人材を供給する手段の一つとして外国籍人材の方の力を借りられるような事業が出来ればと考えています。
 各国では主に日本語学校と専門学校に足を運びました。同じ国の中でも経済状況は地域格差があり、外国での就労の目的も様々。そんな中、生徒さん達から感じた事は、“日本で働く事が憧れになっている”という事です。“日本”のイメージを聞くと、多かった答えは「礼儀正しい」「身の回りの整理整頓がキチンと出来る」「仕事や時間に対して厳しい」という、“日本人”に対するイメージでした。改めて、国や会社と言うものが特徴を作っているのではなくて、そこに暮らす人や働く人が特徴を作っているのだと気付かされました。
 今後、更に多くの外国籍の方が日本で仕事をするようになると予想されています。その方たちの期待を裏切らない姿勢を、日本人の1人としてしっかりと持っていく事がまず大切だと感じます。もし、日本人が嫌われ、就労先の国として選ばれなくなったら…。そうならない為にも、私も日本人の1人として、身の回りの整理整頓や、礼儀をしっかりと意識していきたいと思います。