元気発信朝礼とは?世間一般には朝礼は業務連絡の場であったり、社長の話を聞く時間という場合が大半ではないでしょうか? 私たちビイサイドプランニングでは、朝礼は経営理念の実践の場と位置づけ、
働く仲間が元気に輝く時間になるような取り組みをしています。

<体操>
体をほぐし、隣の人とペアーになって体の筋を伸ばします。ペアーになった人と手をつないだり、肩入れをすることで仲間としての親近感も高めています。
<メンバーの点呼>
一人ひとりの居場所の確認です。当社には一人も要らない人はいません。ですから、一人ひとりの存在を確認し、点呼をします。
点呼されたら大きな声で「おはようございます!」と挨拶。その声に続いて全員がその人に挨拶をします。また、点そされて挨拶が終わると、両隣の人と笑顔でハイタッチ!仲間に今日も来てくれてありがとう!一緒に頑張ろう!というアクションです。また欠席者や出社時間の違うパートさんや既に営業に出た人には、拍手を送ります。
<挨拶の練習>
月・水・木 は二人ずつのペアーになって「ハイ!おはようございます!」と声を出し手を挙げる練習です。声、姿勢、タイミングについてお互いがチェックしより綺麗な挨拶になるように指摘しあいます。
また火・木 は全員で「ハイ」の訓練を行います。司会者の「ハイ!」の声に続いて全員で「ハイ!」と大きな声を出し、その後一人ずつか2人~3人ずつで「ハイ!」の練習を行います。
<創業理念・経営理念・スローガン・方針の唱和>
会社は従業員が幸せに生きるために存在します。その指針となる考え方や方針を共有します。
<職場の教養の輪読>
一般社団法人倫理研究所の発行する「職場の教養」を輪読します。
メンバーが一つの話題について考える場です。輪読は文節ごとに司会者が「ハイ!」と合図を送り、読みたい人が続きを読みます。積極的に前に出る訓練でもあります。
<一言スピーチ>
当社の名物ともなっている一言スピーチは、お題ボックスに入っているスピーチ一枚選び、その場で読み上げ、即興でメンバーにスピーチをしてもらいます。司会者がスピーチの内容を読み上げたあと、元気に「スピーチしたい人!!」というと全員が勢いよく手を挙げ、司会者にアピールします。
司会者は5名の人を指名します。このスピーチは誰が当たるかわからないため、参加者全員がいつあたってもいいように瞬時に考え、まとめています。頭の回転を良くする訓練です。
また、スピーチ内容は、仕事に限定したことではなく、家族や友人、趣味についてなど、多岐に渡ります。これを聞くことでメンバー間の知らなかったことも知れて、距離感が縮まります。スピーチを聞くときは全員がさっと発表者の方に体を向けるのも特徴です。
話をしている人を認める、尊重するという意味合いもありますが、人の話を聞く姿勢の訓練でもあります。スピーチが5人出揃ったら、今度はスピーチ大賞を決め、表彰します。人は認められて、褒められることで成長し、幸せを感じます。このスピーチ大賞を多くもらえることが社員にとってのステータスにもなっています。
<業務報告>
各部署から昨日の業務の報告と、今日の目標や活動予定について報告します。
<ファインプレーorありがとう報告>
日頃の業務で言われたありがとうの言葉や、自分が頑張ったことを自慢できるコーナーです。
人は認められたり褒められたり当てにされると幸せを感じます。普段の仕事の中でも嬉しかったことは沢山あると思います。これを時間を作って発表してもらい、皆から拍手をもらうことでモチベーションもアップします。
<その他連絡事項>
業務内外の連絡事項を挙手の上発表します。
<司会者のスピーチ>
司会者が日ごろ感じたことや、皆に伝えたいこと、感動したことなどを話します。
フリージャンルで好きなことを話していいので、その人が興味を持っていることや感じていることを知れる大きなチャンスでもあります。
<ワッショイコール>
一日の始まりです!元気に朝礼を締めます。司会者が部署名とワッショイ!という掛け声を掛けると全社員がワッショイ!と続きます。
そして最後は司会者の「今日も元気に~~!」という掛け声にに続いて、「スイッチオン!スイッチオン!スイッチオン!」と威勢よく手を上に親指を立てて突出します。
<ハイタッチ退場>
全員がハイタッチをしながら、「よろしくお願いします!」と笑顔で声を掛けていきます。
この笑顔が一日のスタートになります。会社を出る営業マンはこの笑顔のまま、お客様のところへ!内勤者もこの笑顔とモチベーションで電話を取り次いだり、日常の業務を行います。
〜 音楽 〜
朝礼中は、音楽が大音量で流されます。
この音楽に負けないように大きな声を出すことを目的にしているのと、ここで流れる音楽はプロバスケットボールチーム滋賀レイクスターズの試合会場でも流れている曲です!この曲を聴くとテンションが上がります。一日を楽しく高いモチベーションと心地よいハイテンションで過ごす為の工夫です。

 

■元気発信朝礼の導入にあたって■
当社の元気発信朝礼は2009年4月末から導入されました。それまでも毎朝朝礼を行い、そこそこ元気な朝礼ではありました。しかし、時は、リーマンショック直後・・・。業績不振が続き、メンバーの顔色がドンドン悪くなってきました。私は、業績が悪いのはメンバーの責任じゃない!笑顔で一日を過ごして欲しい!そう願っていました。でも、笑顔になれ!と言われてすぐに笑顔になれる訳がありません。そこで、当社では経営危機に直面しているにも関わらず沖縄レジェンド研修を敢行しました。沖縄に行き、大きな舵を切ろうと決めたのです。その舵とは、「今は売り上げが落ちても仕方ない!でもシェアだけは落とさずに行こう!そして、お客さんの所で断られても笑顔で、また景気が良くなったら貴方に頼む!と言われるようにしよう!」というものでした。
そこで誕生したのが元気発信朝礼です。朝から元気に笑顔になってお客さんのところに行くと、何故だかお客さんも笑顔になっていき、「儲かっているのはB-sideさんだけだよ!」とまで言われるようになりました。
決して利益が出ている訳ではないのに、こう言われた時、必ず当社はV字回復すると確信しました。何故なら、今は求人や広告のニーズが無くても、いずれ景況感が回復したら、また求人や広告のニーズが増えます。その時に、どこの会社に発注をするか?と考えたら、暗い会社より元気な会社!儲かっていない会社よりも儲かっていて社員も元気な会社に決まっています。結果1年後には当社の業績はV字回復したのです。
私たちの元気発信朝礼は企業理念の実践の場です。元気発信という理念に基づき、私たち自身が元気に幸せになるということを意識しています。また、採用基準も、「この朝礼に毎日参加することが苦痛でない」という項目が一番に上がっています。社内の全ての基準がこの朝礼に込められているからなのです。
「元気発信朝礼」 参加大歓迎です!こちらからお問合せください
※お手数ですがお問い合わせの際、「朝礼参加希望」とお書き下さい。